オフィスの地震・災害対策

オフィスの地震・災害対策を長野県飯田市・下伊那でするなら株式会社正木にお任せください

長野県飯田市・下伊那での
オフィスの地震・災害対策は正木にお任せください

長野県飯田市・下伊那は、常に地震と隣り合わせ

日本は地震大国と言われるほど地震が多い国です。長野県は海に面していないため津波の心配はないものの、国内でも断層帯の数はトップクラスであるため地震のリスクと常に隣り合わせです。中でも糸魚川-静岡構造線断層帯や阿寺断層帯の北部 は特に危険な地域とされていますので、長野県飯田市・下伊那の地域の皆様も他人事ではありません。また、現在危険視されている東海地震や南海トラフ巨大地震が発生した場合、長野県飯田市・下伊那地域は6弱~6強の揺れが発生するという調査結果もあります。 しかし、このようなリスクを抱える長野県飯田市・下伊那エリアにも関わらず、多くの企業様がオフィスの地震対策に着手できていないのが現状です。大切な社員の命の安全を守るために、オフィスの地震対策はきっちり取り組みましょう。

長野県飯田市・下伊那でのオフィスの地震対策は
正木にお任せください

正木では、長野県飯田市・下伊那のオフィスの地震・災害対策をご支援しています。

オフィス家具の転倒防止工事

地震発生時、背の高いキャビネットなどは転倒する危険性が高いです。近くにいた社員がけがをしたり下敷きになったりする可能性があります。正木ではL字金具による壁面とオフィス家具の固定工事や横連結金具を使ってオフィス家具同士を固定して安定性を高める工事を承っています。
転倒防止工事を行ったとしても、非常に大きな地震が発生した場合は揺れに耐えられない可能性もありますが、転倒するまで時間がかかるため避難する時間を確保することができます。

L字金具

パーテーションの転倒防止

地震発生時、背の高いキャビネットなどは転倒する危険性が高いです。近くにいた社員がけがをしたり天井と接していないローパーテーションは、床から天井まで間仕切るパーテーションと異なり、地震の際に転倒するリスクが高いです。ローパーテーションは転倒しないように床に固定をする必要があります。正木では、床への固定工事はもちろん、組み合わせた時のジョイント部やパネル自体の強度が強いものに組み替えたり、必要に応じて安定脚を用いて転倒しにくくしたりなど、お客様のオフィス環境に適した形で転倒防止対策を行っています。

パーテーション

収納物の飛び出し機能付き書庫への交換

地震発生時、背の高いキャビネットなどは転倒する危険性が高いです。近くにいた社員がけがをしたり地震発生時、書庫に収納していた書類やカタログなどが飛び出してきて社員が怪我をする可能性があります。扉が勝手に開いて中身が飛び出してこないように、ラッチ(開閉ロック機能)がある書庫に交換することをお勧めしています。

棚

ガラスの飛散防止対策

地震発生時、背の高いキャビネットなどは転倒する危険性が高いです。近くにいた社員がけがをしたり地震発生時、収納庫のガラスや窓ガラスが割れて社員が怪我をする可能性があります。また、周囲を通りかかった方にガラスが降り注ぐ危険性もあります。飛散防止フィルムを貼ることで割れたガラスの飛散を防止することができます。

窓

オフィスレイアウト変更でリスクを軽減

地震発生時、背の高いキャビネットなどは転倒する危険性が高いです。近くにいた社員がけがをしたりオフィスの地震被害によるリスクは、オフィスレイアウト変更によって軽減することができます。例えば、通路と避難口は出来るだけ広くスペースをとります。転倒の危険性がある背の高いオフィス家具は社員が執務をするスペースや避難口周辺には設置をしないようにします。正木では、お客様のオフィス環境を確認したうえで、安全なオフィスレイアウトをご提案できます。

オフィスレイアウト

日常の防災ルールの見直しと徹底

地震発生時、背の高いキャビネットなどは転倒する危険性が高いです。近くにいた社員がけがをしたり地震に備えてオフィスレイアウトを改善したり、固定可能なオフィス家具を選定することはもちろんですが、防災ルールの見直しと徹底も合わせて行うことが重要です。例えば、背の高いロッカーや収納家具の上に物を置かない、デスクの下に資料や私物をため込まないといったルールを浸透させていきましょう。

棚の上の荷物

経年劣化してしまった金庫の交換

地震発生時、背の高いキャビネットなどは転倒する危険性が高いです。近くにいた社員がけがをしたり長野県飯田市・下伊那の企業様のオフィスに訪問していると、20年以上利用している金庫を使い続けている会社が多くあります。実は金庫は製造から20年を過ぎると耐火機能が大幅に落ちてしまいます。万が一火災が発生した際に、金庫内の大切な資産を失ってしまうリスクがあります。20年以上経った金庫は交換しましょう。

金庫

災害対策備蓄品の備蓄・保管

地震発生時、背の高いキャビネットなどは転倒する危険性が高いです。近くにいた社員がけがをしたり万が一地震が発生した場合に、本格的な行政による救援が始まるまでの期間を乗り切るための準備もする必要があります。飲料水・食料・防災グッズ(ヘルメット、ラジオ、懐中電灯、毛布など)を備蓄し、それらがいざと言う時に使えるように保管することが重要です。正木では、社員数やご予算に応じて災害対策備蓄品のご提案もしております。

ヘルメット

長野県飯田市・下伊那でのオフィスづくりのご相談は
お気軽にご連絡ください

0265-24-3940

受付時間:平日9:30〜17:30

24時間メールお問い合わせ
お気軽にご連絡下さい