正木の歴史

正木の歴史

お客様のニーズにこたえ続け、
文房具店からオフィス環境作りの会社へ

旅館を大家で焼失し、文房具屋を開始

株式会社正木の前身は、飯田市谷川線で製糸業をしていた敷島にあたります。その後、敷島旅館という旅館を営んでいました。しかし、昭和20年の飯田の大火で市街地が8割焼失し、営んでいた旅館も失ってしまいました。大火後に替地として割り当てられた土地は旅館を開けるほどの広さではなく、新しい事業を検討し、資金が無くても始められる文房具屋を開始します。

明治36年

文房具の小売から卸へと事業を拡大

昭和28年の写真です。飯田でも珍しかったオート三輪を導入し、商店や学校、役場への文房具の納品をスタートしました。また、小売店への問屋業にまで事業を拡大しました。写真中央に映っているYシャツを着た人物は創業者の正木進一です。

昭和28年

昭和29年 有限会社正木商店に社名変更

昭和29年に有限会社正木商店に社名変更しました。写真のビルは昭和初期~中期に利用していた本社です。当時は文房具の卸販売が伸びていたので、本社1階には納品用の自転車がたくさん置かれています。

昭和29年

文房具の小売店舗を多店舗出店

昭和43年に知久町にオープンした文房具小売店舗です。当時のキャッチフレーズは「暮らしの夢をつづる文具の正木」でした。小売販売部を設け出店を強化しました。常磐町店、桜町店、中津川ユニー店、飯田駅前ユニー店、キラヤ大島店、などテナント出店を進めていきました。

昭和43年

本社社屋をリニューアルし、法人向けに注力

昭和51年には、本町2丁目に本社社屋を新築リニューアルしました。時代の流れやお客様のニーズの変化に対応をして、小売店舗中心の営業戦略を転換し、法人向けの文房具や事務機やオフィス家具の納入を強化していきます。

昭和51年

オフィスレイアウトの提案を開始

昭和52年にはオフィスインテリア課を新設し、オフィスレイアウトの提案を始めました。オフィス家具や店舗・倉庫什器等の販売が増えました。

オフィス家具

OA機器の取り扱いを開始

昭和56年代にはOA課を設け、コンピュータ、ワープロ、複写機、FAX、などのOA機器の提案販売力を強化し、飯田市、下伊那の企業様のOA化の支援を開始しました。

複合機

仕事とオフィスをトータルサポートするサービス会社へ

平成7年には株式会社正木に組織変更を行いました。従来のOA機器やオフィス家具に加え、ネットワーク整備や情報機器などの提案を行い、お客様の仕事とオフィスをトータルサポートするサービス会社を目指し始めました。

株式会社正木

仕事とオフィスのベストパートナーへ

営業拠点を本町本社ビルから現在の知久町オフィスへ移転し、営業拠点の充実を図るとともに、オフィス商材の設置環境のライブオフィス化を目指しました。平成26年には創立60周年を迎え、地域企業の皆様の仕事とオフィスのベストパートナーを目指して営業しております。

集合写真

長野県飯田市・下伊那でのオフィスづくりのご相談は
お気軽にご連絡ください

0265-24-3940

受付時間:平日9:30〜17:30

24時間メールお問い合わせ
お気軽にご連絡下さい